2009-12

Damping Engine Ⅱ

有休の素晴らしさの一部は、下々の民が働いている横でぐうたらできるなんて凄い感に
起因していると思います。じゃあ平日休みの仕事に就けば良いんじゃないかと考えそうに
なりますが、土日には下々の民がぐうたらしている横で働かなければならないので不可。

土日も平日も休みなニートが最強よね。真の貴族階級と言える。



今年のゲーム振り返り大会後半戦。8月ぐらいから。


MH3
待望のMH…だったんだけどあんまりやらなかった。それでも130時間ぐらいは
やったんですが、MHF~P2Gを平均500時間ぐらいずつやったことを考えると少なめ。

難点を挙げるとすればやっぱりボリューム不足ですかね。P2GとかF的な方向で膨らませて
いくといつかは駄目になるのでどこかでリセットしないといけないって事情はわかるんですが、
やっぱり何か物足りない。まぁプレイ時間が全てじゃないみたいな考え方をするべきなのかも
しれません。面白いかつまらんかでいうと面白かったし。

あと、身も蓋もありませんが据え置き機、しかもwiiだったこと。起動しねぇよwiiとか。


東方星蓮船
今年の東方。これはあんまり合わなかった。hardまでは頑張ったけどLunaは気力が無理。

アイテム回収とか取捨選択みたいな要素と弾幕はあんまり相性が良くない気がするが
いかがか。弾幕っていっても弾消しもりもりみたいなアレなら良いんですけど、
東方みたいにガチで守るしかないゲームでアイテムが逃げていくのは辛い。


・DSi
何故買ったし。表向きの理由は後ほど。
ぶっちゃけノリだよノリ。社会人様には1.6万とか屁なんだよ。

カメラは案外楽しいですが、案外の域を出ないのでどうしても
埃を被りがち。DSiウェアは面白いのは面白いけど基本的には
アレなのが多すぎるので微妙。


ああ無情刹那
DSiの購入理由。200円とか500円とかで安かろう悪かろうなソフトが
跋扈跋扈するDSiウェア界隈で、驚くほどしっかりとした出来。
500円なので節約されてる所は節約されてるんですが、押さえるところが
しっかりしてるのでかなり遊べる1品。

問題はDSiのユーザ層とあんま被らなさそうな所か。


GGシリーズ不思議の国のアリスなんとか
何が嫌いかじゃなくて何が好きかで自分を語れよってのはなかなか良い言葉だと
思いますが、これに関しては大々的に嫌いと叫ばせて欲しい。舐めてんのか。

まぁ移動中の暇潰しとかでどうでしょ。どうせ糞なら携帯ゲームでもした方が
DSi持ち歩かなくて良いから効率的だと思うけど。


HACOLIFE
しばらくDSiウェアが続く。これは非常に良い。方眼紙から立方体の
展開図を切り出して組み立てるパズルゲー。コツがわからないうちは
どうにも思い通りになりませんが、慣れてくると面白い。そして
中毒性がヤヴぁい。500円ながら押さえるところをきちんと押さえた良作。


鳥とマメ
メイドインワリオのミニゲームだけ切り出して移植。
200円だと新しくゲーム作るのは無理なんだろうか。

内容は普通に安定。200円なりの納得を与えてくれる。
スコアアタックが結構熱いので割とオススメの部類。


デッドライジング
何故今更。箱初期の良ゲー。洋ゲーっぽいのに開発はカプコン。
ショッピングモールに群れるゾンビをちぎっては投げちぎっては投げ。自由度が高く、
色々なことができますがその自由度の高さ故に放り出され感を味わうことも。

廉価版がそこそこ安いので箱あって未体験ならやってみても損はしない出来だと思う。


428
興味はあったけど、wiiのサウンドノベルとか絶対起動しない自信があったので
放置していたところPSP版が出たので購入。

いやー面白かった。本当に面白かった。語彙が少なくて面白かったしか言ってねぇけど。
紙芝居に毛が生えた程度のものになりがちなノベルゲームですが、これはきちんとゲームに
なってたのが好印象。ザッピングシステムもそうだし、演出もそう。
苦言を申し上げるならば隠し要素の面倒さ。本編終了時のハイテンションで
隠し要素集めを始めたにも関わらず途中で投げた。そのぐらいめんどい。攻略見てもめんどい。

これはPSP持ってる人ならやって損は無い出来。でも損は無いって言っても見た目が
とても若干地味なのでやらない人は絶対やらないよね。気持ちはわかる。俺だって
エロゲ勧められても95%ぐらいはスルーするし。


メタルスラッグコンプリート
ゲームアーカイブス版。6本だか7本入って2000円はお得な気がしますが、
あんまりにやる気の無い移植に萎える。なんだろうね。PSPのハード性能
ジャ説明できない部分まで作りが適当なんだけど。


エルミナージュ2
WIZ。版権ゴロに食い散らかされがちなWIZ界隈の中でも、比較的高い評価を
得ているWIZライクゲーの続編。

やっぱり「好きな人向け」ではあると思いますが、好きな人なら満足できる
内容なんじゃないかと。WIZ的な部分も多くありつつ、進化する部分は進化
してるし、ロード時間についてもメディアインストールで解決。何より
携帯機なのがマジで素晴らしい。


ベヨネッタ
ババァ大暴れ。デビルメイクライと同じ人が作ったそうで、確かにそんな感じ。
特に目新しいことは無いんですが、非常に丁寧な作りと馬鹿なノリで押し切る
ゲーム。いや良いと思う。職人の仕事。今頑張って実績解除してます。




ベヨネッタが出たということは12月分まで終了したということ。
うーんやっぱり4~12月はペース落ちてますね。1~3月が多すぎる気もしますが。

あとはここから今年の俺大賞を選ぶ。終了。レビューとか書く気力は無かった。
年内には続きを書こうと思います。書けたらいいね。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

tori
大阪在住ゲーム系20代半ば。
あと同人誌とかその辺

感想、苦情などはコメント欄へ

注意事項とかはこちら

最近の記事

最近のコメント

search

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

過去ログ

QLOOKアクセス解析