2011-08

とびだせ夏

さてそろそろ夏の頒布情報公開してくれないと前日に家を出る人は困っちゃうんだよ?

とかそんな感じでサークル側と一般側のジリジリとした駆け引きが随所で見られる時期となって参りました。いやマジで。前日の23時頃に公開とか遠征組ヤバい。というか東京組もそのぐらいの時間にはさっさと寝てそうなもんなんですけどどうなのか。

しかしここ最近はモバイル環境が強化されたおかげで、無理して事前チェックで全部拾わなくても待機列辺りでなんとかなるようになってきた気はします。それでも習慣的に過剰な準備はしてしまうんですが。



そんな感じで夏の気になるゲームとか。


BLOODVANE
今回の本命であり、久々に出た紫雨STG。というか真面目に追いかけ始めてから初めて出たSTGな気もする。無理コレ出た時点ではまだ知らなかったし。

近接攻撃が重要な要素になってる横STGです。遠距離攻撃で敵から血を噴き出させて、その血を浴びつつパワーを上げて物理で殴る。よくわからん。リンク先のマニュアル読んでも多分よくわからんので実際に触ったりリプレイ見たりしながらなんとなく感触を掴んでいくいつものパターンです。敢えて言うなら斑鳩系の属性モノと近接が混じり合ったような不思議なゲーム。

自分自身もわかったようなわからんような状態ではあるんですが、触ってて楽しいので多分そのうち理解できるんじゃないでしょうか。触っててピンと来ない奴はなかなか理解できなかったり。無理コレは無理だった。ガンデッドラインとハッパはその逆でかなりハマってたんですけど。


RefRain
同ソ系を買い始めた頃、HellsinkerとRefRainとあとなんか1つはずっと作ってる系として評判だった気がしますが、hellsinkerに続き(といっても数年前だアレも)なんとRefRainが完成。「RefRainが完成」という字面だけでなんか凄みがある。

システム的にはリソースを回転させるタイプの縦STG。あんまり下に貼り付くタイプではありません。最近下(左)に貼り付くタイプの方が逆に少ない気もするけど。それは言い過ぎか。

それはおいといて。このゲームの目玉はどちらかと言うと演出面かと思います。2面の動画とかどっかで見たことある人も多いんじゃないでしょうか。時間掛けてるだけあってとにかく丁寧で綺麗な作り。外箱もなんかやたら良い奴で、これ1000円で売っちゃって大丈夫なの感はある。


東方神霊廟
公式のブログ告知は無いけどまぁ出ることは出るだろう東方。
体験版の印象も若干薄めですが、なんだかんだで堅い。終盤の演出が何より気になる。

トランス周りのシステムをどう調整したかが気になります。例大祭予定verの体験版はなんか今一つ。攻めと守りを同時に実現する妖々夢的な方向性は良いと思いますが、ちょっと発動回数少なめじゃねとか。まぁなんとかしてくるでしょう。なんとかならなければ次があるさということで。


ring^-27
パトリオットダークのテンパランスランスから縦STG。

まず特徴的なのがその解像度で、このブログの左カラムに収まる程度のサイズしかありません。拡大表示機能はあるためプレイに支障は無いですが、当然絵は荒く。そこに妙な味を出す狙いがあるんでしょうし、実際妙な味が出てます。

システムも安定してる感じ。アンカー撃ち込みとかボムとかでアイテムじゃらじゃらさせる結構爽快なプレイ感です。この画面サイズで爽快ってのもなんか凄い。体験版と動画があるので気になる人は触ってみると吉。



個人的な推しはこの辺でしょうか。東方麻雀/東方AoE/東方wiz辺りも買うつもりではいますが、まぁ改めて紹介する要素も無いよねってことで。しかし期待度相当高めなのが4本って結構豊作な気もしますね。気になって仕方ない奴って最近は東方+何か1本ぐらいしか無かったんですけど。



といった感じで出発前のC80話は完了。出発は普通に金曜なのでもう1回ぐらい更新するかもしれませんが、準備の状況とか見るにまぁ次は来週だよねということでまた来週。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

tori
大阪在住ゲーム系20代半ば。
あと同人誌とかその辺

感想、苦情などはコメント欄へ

注意事項とかはこちら

最近の記事

最近のコメント

search

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSS

過去ログ

QLOOKアクセス解析